ニュース&ブログ

DELICAFE@京都駅西口

DELICAFE@京都駅西口

田中春菜



本日のおすすめスポットは今発見したところであります笑 
明日関西には台風接近で騒がしい京都駅構内。岡山で支援があるため、岡山行きの新幹線にのるまでに小一時間。さぁて、この人込みの中にコラム執筆のために空いてるカフェを探していたら、あら目の前に発見。DELICAFE@京都駅西口です。

DELICAFEはいろんな駅でみかけますが、ここ京都西口のDELICAFEはまたちょっと違った雰囲気で、すぐさまお気に入り殿堂入り(笑)4月27日(土曜日)にセルフサービスカフェ「デリカフェ・キッチン京都」をJR「京都駅」西口改札外にオープンいたばかりだそうで、「ゆっくり食事を楽しみたい」「列車に乗る前の小休止」「お友達との待ち合わせ」など、さまざまなお客様のニーズにお応えできるお店を目指しているそうです。

種類豊富なベーカリーやフード・カフェメニューはもちろん、京都発祥「からふね屋」のパフェ・ダッチコーヒーなどのメニューが用意してあります。店内は、日本人、外国人と半分半分くらいの割合で、日本文化メインだけどどこかエスニックでファンタスティックな未来のNIPPONが表現されています。北欧デザインもプラスされているところが若い日本人女性がいかにも好みそうです。

食べ物飲み物もそうですが私は雰囲気重視でカフェを選びます。空間大事。仕事のはかどり具合全然ちゃいます。さらにここには旅行客用にキャリーバックなどの大きな荷物を置くスペースがあります。そしてなにがいいってやはり外(駅)は騒がしく気持ちが落ち着かないですが、店内入るとまるで海を越えてどこか近未来の新しい国にワープしてきたような新鮮な感覚で、リラックスしながら集中できていることです。

京都は入社当時お世話になっていたところで、やはりなんでも原点は大事な場所になりますね。日本が誇る京都にこられた際は是非休憩がてら入ってみてください。ちなみに私の故郷大津(滋賀)は京都から電車で15分!実はとっても便利な場所なんです!京都、滋賀に是非おこしやすぅ~^^



田中春菜(平成2年3月生まれ29歳 三人姉妹の真ん中 京都出身滋賀育ち)

2012年京都造形芸術大学空間演出デザイン学科在学中から卒業後、artのチカラで京都や滋賀の様々な地域活性化プロジェクトに参加。その後お金を貯めようと始めた夜勤の工場勤務は体力勝負の男性社会。繊細さが必要とされるガス溶接や最終重要検査等を任されチームのサブリーダー担当。2015年友人の「あなたには介護があうとおもう」の一言で未経験で介護の世界に飛び込む。高齢者施設にて慈悲の精神を育む。レクリレーション介護士2級、介護福祉士等取得。2018年7月ユースタイルラボラトリー入社。現場スタッフを経て全国各地で支援並びにコーディネート、マネジメントを担う。ライフワークとしてやってきた舞台やパフォーマンス、コンテンポラリーダンス、コーチングでの経験を生かし、リラックスマインドを大切にしながら、自らを「解放」し「潜在的に眠っている才能」を目覚めさせ「生きやすさ」に繋がり「在り方」を見直すきっかけとなるよう、共に成長し続けるチーム作りに貢献したい。趣味は、さんぽ、ひるね、子供と戯れること。