ニュース&ブログ

どうせ外出自粛なら楽しみたい!

どうせ外出自粛なら楽しみたい!Netflixハズレなし3作品!

間傳介



緊急事態宣言が出てからというもの、契約者激増のNetflixから、私のお勧め作品を紹介します。

今回はモニョニョ言わずにいきなり本題に行くスタイル!

・『ハイパードライブ』
簡単に言うと、ゴリゴリに改造しまくった市販車でやるSASUKE。
各国選りすぐりのどうかしちゃってるドライバー達が、車が壊れるのお構いなしに難関コースをどうかしてる運転技術でクリアしていく様は圧巻です。

日本からは二人のドライバーが参加。
車好きの方はご存知かも。たにぐち自動車の谷口敦さんがパトカーペイントのトヨタクラウンで出ています。毎回ゴール時にパトランプとサイレンのパフォーマンス。控えめに言って最高です。

「面白ければ金出すよ」でお馴染みのNetflix。この番組の金の掛け方も半端じゃないっす。コースも危ないし超ド派手。

「車とか興味ないしぃ〜」と言うそこのあなた!でも絶対好きになるって!
ハリウッド女優シャーリーズ・セロンのプロデュース番組ということもあってか、出場するドライバー達一人一人の生い立ち、車があったから、ドリフトがあったから救われた、だから今の私が辛うじてかつ確かにある!という吐露には、胸にこみ上げる熱いものを禁じ得ません。
甲子園とかオリンピックで応援したことあれば感動するレベルです。あとスピード狂の人も公道で飛ばさないでこれ観てくださいね。あんたより上手い人はいます。

・リズム&フロー
アメリカ全土を回って新人ラッパーを探せ!というコンテストもの。
ヒップホップとかラップとか興味ない?
大丈夫です!僕もです!
僕自身冗談半分で観始めたのですが、それぐらいのテンションでオッケーです。
参加するアマチュアラッパー達は玉石混交、やる気もまちまちですが、審査員達は彼ら一人一人のラップを真摯に聴き誠実にコメントを寄せ、審査していきます。
なにが面白いってやってるカーディーBという女性ラッパー(既に超売れています)の振る舞いがサイコー。
「オシッコに行きたい(実際行ってくる)」
隣の人のコップから氷を失敬する、靴を脱いで足をバタバタさせていたり。派手におしゃれしてるのに日本の田舎のおばちゃんみたいな感じで、彼女を見ているだけでもなかなか楽しめます。
何より参加者の何かに取り組もうという姿勢がとても観ていて清々しい。何か自分で作り出すにはどんな覚悟が必要か、改めて考えさせてくれる作品でもあります。

最後は1番お勧めしたい
・なにこのアニメ!『ミッドナイトゴスペル』
パステルカラーでぐにょんぐにょんに動く宇宙ネット配信者の主人公が、女性器みたいな機械に頭を突っ込むことでアバターに憑依していろんな星へ行き、その星の住人にインタビューをするという筋。
文章だけだと、もうわけがわからないですよね 笑

でさらにインタビュー中ゾンビに追われたり、主人公と一緒に話してる人とみーんなでミンチになって運ばれたりするわけなんですけど、そのインタビューの内容が、めちゃくちゃ面白い。

・薬とは何か(ゲストは医師)
・怒りとどう付き合うか
・禅を超えた魔術の実践
・死ぬとはどういうことか
などです。面白そうでしょう。

さて私たちはなにが入力されたかによってかなり行動に差が出ます。

晴耕雨読の言葉になぞらえれば、いまは雨かもしれません。雨はあなたの好きなように止むかどうかは判りません。雨を憂うこともできますが、雨の日にしかできないこともあるでしょう。憂い顔でもスクワットはできます。面白いです。新コロ(COVID19)のニュースをチェックするのって30分あればできるんですよね。それ以外の時間は楽しんでもバチは当たらないし、面白さをインプットしておくといつか楽しさを誰かに分けられる場面がある。きっと来ます。


間傳介 プロフィール

1981年、鹿児島県産まれ。
宇都宮大学教育学部国語科教育八年満期退学
「東京に行け」との高校の恩師の言葉を独自解釈し北関東に進学。
修辞学、哲学、文学、芸術、音楽、サブカルチャー等乱学。
効率、生産性ばかり喧伝する文化の痩せた世の中になった2008年ごろ、気づいた頃には相対的に無頼派となっており、覚悟し流れ流れて福祉業界に。
知的障害者支援、重度訪問介護、などに従事。
「能(よ)く生きる」ことを追求している。
友愛学園成人部職場会会長