ニュース&ブログ

2020年はこうありたい  2020年も【勝手に親心】

2020年はこうありたい  2020年も【勝手に親心】

宮地充子



こちらの会社にお世話になりはじめたのは、2017年でした。 2017年から今まで年末年始には仕事をしていて、目標を立てる事考える事すら余裕がなく、今回はこのテーマのおかげで改めて考える場を提供させていただきました。

現在、千葉事業所でマネージャーというお役をいただいております。

立場は変わっていきましたが、おそらく自分の中にある気持ちは昔も今も変わっておりません。
千葉は常に常勤スタッフさんが少ない中で、非常勤スタッフさんがバックアップに入り現場をまわしてきてくださりました。
なのでコーディネーターの時には、非常勤スタッフさんへのサポートを一番に思い、尽力させていただきました。
今の立場になり、非常勤スタッフさん+常勤スタッフさんという風に、接しサポートさせていただく人数が増えたという感じです。
挫けそうになるスタッフさんにはまさに応援団となって熱くるしく応援させていただき
『松岡修造みたいですね』と言われた事もありました(笑)
ですが不安そうに初支援に入ったスタッフさんや、苦難を乗り越えたスタッフさん達のその後の支援を拝見した暁には、あまりにもベテランさんになられてて嬉しさのあまりに感極まってしまう程です。
まるで自分の子供が大人に成長した感覚です。
この何とも言えない喜びの感覚が、きっと私を熱くるしくさせていったのだと思います。。。

私自身は実生活で4人の子供の母です。 気持ちだけは後ろなんて全く振り返らない程のポジティブで楽観的なのですが、決してしっかりしている母ではない様でして、その分子供達の方がしっかりしているという親子関係で成り立っております。

そんなしっかりはしてないみたいな私ですが、千葉で誰よりも長くお仕事をしてきた分、皆様にはいろいろな事をお伝えさせていただき、逆にいろいろな方々と接して教わる事 *成長させられる事を受け取り、これからも皆様と進んでいきたいと思います。

2020年も変わらず、勝手に親心でスタッフの皆様をサポートさせてください。 そのぶれない気持ちをベースに、千葉を盛り上げて参ります↑↑↑