ニュース&ブログ

介護のお仕事から学んだこと 基本は人対人

介護のお仕事から学んだこと 基本は人対人

四ノ宮千鶴子



私は介護の仕事は今まで経験がなく、初めは、頑張ればできる!と安易な考えでした。
しかし研修を受け、少しずつ不安になり、いざ利用者さんの支援に入った途端に一気に不安な気持ちでいっぱいなりました。
口文字も文字盤も研修とは違って全く分からず、同行して頂いたコーディネーターに支援の後いつも、私で大丈夫なのだろうか… 利用者さんに嫌われてるんじゃないだろうか…等、とにかく不安な気持ちを聞いてもらっていました。

でも、いつも大丈夫ですよ!と励まして頂き毎回同じような事を聞かされてるにも関わらず最後まで聞いて下さりアドバイスもしてくれて、そうしているうちに少しずつ利用者さんが伝えたい事が分かるようになってきて、今では冗談も言えるようになっていました。そして、何より嬉しかったのが、いつも待っているよ。ありがとう。の言葉でした。

いつも悪戦苦闘して支援の後は本当にぐったりでしたが、それでも自然と会話が出来るようになって今ではとても楽しく思えるようになりました。

私はこれまでも人と接する仕事をしてきました。人と話すことが何よりも好きで、人の笑顔が大好きだからです。
このお仕事はとても大変だと思いますが、口文字や文字盤でも少しずつ会話が出来るようになるにつれて本当に楽しく思えるようになりました。

このお仕事を初めてからようやく1年で、まだまだ分からないことだらけですけど、基本は人対人だと思ってこれからも楽しくこのお仕事、そして利用者さんと関わっていけたらいいなと思っています。