ニュース&ブログ

いいチーム  「ナマモノ」なんです、みんな

いいチーム  「ナマモノ」なんです、みんな

菅原悠美



ここ最近のコロナウイルスの影響で、自分の体温を計る事が増え、そこで私は、ふとあることに気付きました。
「あ、体温って、意外と一定じゃないのね」
という事に。

そう。私は、機械ではなく、生身の人間だったのです!
そんな当たり前のことに、思いがけない場面で気付く!
新鮮な発見でした(笑)

前置きが長くなりましたが、なぜ、この書き出しで表題が「いいチーム」なのか。
それは、一緒に働いている仲間も、利用者さんも、自分も含め、周りにいる人みんな生身の人間だから。
「ナマモノ」なんです、みんな。

そんな「ナマモノ」だけで構成された世界で、一度良かったから、その後も同じやり方で上手くいくかと言ったら大間違い。「前、こうだったから」って、安易に見誤るのは、とても危険だと思う。

見聞きした事象だけで判断せずに、人物自体に興味を持って、接する事。自分のアクションが人に及ぼす影響など、色々な事に想像力を働かせることが「ナマモノ」で構成されるチームにとって必要な事だと私は思うのです。

「人の心の機微に敏感であれ」

この想いを、常に忘れないでいたいと思う。